あじさいの色を決める条件とは?それがわかれば育て方もわかる!

あじさいの育て方と名所に観光シトシト雨がつづく梅雨の季節を、明るく彩るあじさいをご覧になりましたか?
あなたが好きなのは、何色のあじさいでしょうか?
水色や青色、薄紫のようなあじさいからピンク色をしたあじさいもありますよね。
一株のあじさいから、異なる花の色が咲いているあじさいを目にする事もあるでしょう。
初夏の花、梅雨の風物詩であるあじさい(紫陽花)の花の色について、お知らせしまょう。

スポンサーリンク

あじさいの花の色

あじさいの花の色が、土壌のPH(酸性度)によって違ってくるという話を聞いたことのある人は多いでしょう。
とてもキレイな濃い青色のあじさいから、刺し芽をして育てたのに、同じような青色にならずピンクっぽい花が咲いたというケースもありますね。
同じ株から分けても、それぞれが土によって異なる花の色になるのは、あじさいには多々あることです。
土壌のPHとは、小学生の頃に習った酸性とアルカリ性、リトマス試験紙で赤くなったら酸性、青くなったらアルカリ性、水はどっちでもなく間の中性というアレです。
あじさいの花の色は、一般的には土が酸性の場合は花色は青くなり、土壌が中性からアルカリ性だとピンク系の花色になるとされています。
リトマス試験紙の反応とは、逆の色合いということですね。
でも、同じ土の中で並べて植わっていても、同じ株であっても花の色が違っているあじさいもあります。
同じ根から養分を吸収していても、花によって微妙に色合いが異なっていたりもします。不思議ですよね。

あじさいの育て方ってどう?鉢植えから始めるといいみたい
雨の多い季節を彩るあじさい(紫陽花)は、梅雨の愉しみのひとつですよね。 シケシケする雨の中で、パッと鮮やかな彩りが目に映るとうれしくな...

花の色の違いの謎とは?

あじさいの花の色を左右するのは、「アントシアニン」という色素です。
アントシアニンは、あじさいだけでなく多くの植物が持っている色素成分で、ブルーベリーやカシス、ラズベリーの赤紫色の色素として有名ですよね。
アントシアニン本来の色味は赤色で、赤玉ねぎや紫色の野菜や果実、紫キャベツなどの健康成分としてもよく知られています。
あじさいの花は食用にはなりませんし、毒もあるので鑑賞するだけにしてくださいね。
この花の持つアントシアニンの色素が、土壌に含まれるアルミニウムと結合することで、青色系のあじさいになります。
土壌にアルミニウムが少なく、アントシアニンがアルミニウムと結合しない場合は、ピンク色や赤系のあじさいとなります。
そもそものアントシアニンを持っていない白花品種の「アナベル」はどんな土でも、真っ白い花です。

土壌によって異なる花の色

あじさい(アジサイ)の育て方と名所に観光
地中に含まれるアルミニウムは、土壌のPH(ペーハー)が酸性に傾くほど溶け出しやすくなります。
つまり、酸性土壌ではアントシアニンとアルミニウムが結合しやすく、青色系あじさいとなりやすい。
アルカリ性土壌に傾いていると結合しづらく、赤系あじさいとなるというわけですね。
日本の土壌は、もともとアルミニウムが豊富な酸性土壌が多いため、路地植えのあじさいに青系が多いのでしょう。
あじさいといえば水色から青系、紫色の花をイメージする人が多いのも納得ですね。
アルミニウムが含まれた酸性土壌であっても、あじさいの根が吸い上げるアルミニウム量は個体差がありまちまちです。
そのために同じ場所で育ってていても、花色の濃さが微妙に違っていたりするのです。
年々色が変わっているなども、土がPHが微妙に変化していたり、吸収力が落ちているのかもしれませんね。
同じ株で、同じ根でも枝によって微妙に吸収が違っている場合もあり、色合いが違ってきたりするのでしょう。

あじさいの花色を調整する

アントシアニンを持っていない白色品種あじさいは別として、土壌のPHによって色が変わるのがあじさいの花色を決める基本メカニズムです。
つまり、鉢植えやプランターなどに入れる土や、肥料や活性化剤、混ぜたり添加するものを工夫することで、好みの花色に近づけることができるということです。
青花系品種あじさいを中性~弱アルカリ性の土壌に植えると、赤っぽい紫色になりますし、ピンク花系品種あじさいを酸性土壌に植える青っぽい紫色になります。
あじさいの生産農家は、品種固有のもともとの色をより鮮やかに美しく発色させるために、土や肥料を調整します。
ガーデニング用品として、青花系のあじさいをよりクリアに発色させるための土壌改良材や活性剤も市販されています。
お手軽に土中のアルミニウムを増やしたり、あじさいが吸収しやすいように土を改良するためのものです。
アルミニウムは水に溶け出して吸収されますので、土壌の水分量が少ないと吸収されにくくなります。
つまり土壌が保水性も必要だし、キレイな青色あじさいの発色にはたっぷりの水やりも必要ですね。

まとめ

土壌PHによるあじさいの花色のメカニズムや、品種によるアントシアニンの有無、吸収の個体差など、知識として知っているとガーデニングの楽しみ方も違ってきますよね。
梅雨どきの路地裏散歩や街中散策で、あじさいを見かけた時に思うことも違ってくるかもしれません。
好みの花色に仕立て上げるのも良し、自然のままの風情を愉しむのも・・また良いものかもしれません。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください