ロングヘアのフォワード巻きは難しくない!コテを使ったやり方を教えます!

フォワード巻きとリバース巻きのやり方
ロングへアの味方、巻き髪。カールした長い髪はやはり女性らしさとフェミニンさを演出してくれますよね。
巻き髪の中でも「フォワード巻き」という巻き方は幅広い世代の女性に人気になっています。エレガントなフォワード巻き、是非あなたも取り入れてみませんか?同じ巻き髪でも、やり方次第で全く雰囲気の違う仕上がりになったりするものです。フォワード巻きを取り入れたことがない方、今日はそのやり方とポイントを伝授していきたいと思います。

スポンサーリンク

フォワード巻きとは

まず巻き髪をする前に…

巻き髪は素敵な女性へと導いてくれます。しかし、何事にもメリットがあればデメリットがついてまわります。やはり、熱を使用してカールを作り出すことは髪へダメージをあたえます。そのために、巻き髪を作る前はかならずヘアケアと下準備を忘れずに行ってください。
まず、朝起きた状態で寝癖があればしっかりコームで整えてください。また洗い流さないトリートメントや、ヘアオイルなどを塗り込み、しっかりと保湿を行います。ダメージを少しでも防ぐために努力を怠ると、せっかくのヘアアレンジもパサパサの髪で台無しになってしまいます。
また、ブロッキングは巻き髪をする上で非常にオススメです。ある程度髪の毛をわけて巻き髪を作ると、巻きやすくなることはもちろんのこと、仕上がりも均等にきれいになりますので、オススメです。
また、くせっ毛さんはなかなかきれいに巻き髪を作りにくいかと思います。そんな方は、巻き髪で使用するコテの温度より低めの温度のストレートアイロンで髪を伸ばすときれいに仕上がります。ヘアアイロンもピンからキリまで販売されていますが、マイナスイオンなどが出る少し質の良いものを使用すると、やはり髪へのダメージも軽減できます。
コストも大事ですが、髪は一生ものですので、何に重点を置きたいか、自分で考えてみましょう。
もしアイロンは持っていないという方は、巻き髪をつくる前に、コテで生え際を挟み、毛先まで伸ばせばある程度くせは改善されます。是非実践してみてください。

ヘアアイロン(コテ)選びに迷ったら!コテの種類と選び方を教えます!
みなさん、「コテ」を使ったことはありますか?自分の髪の毛を自由自在に操ることができるコテ、普段のヘアスタイルにも、ちょっと特別な日のヘア...
巻き髪のアレンジは下準備が重要!おすすめの3つのポイントを教えます!
ヘアアレンジのバリエーションが豊富なロングヘア。黒髪ストレートや、ポニーテールなど様々なアレンジも効いて飽きにくいですよね。そんなロング...

「フォワード巻き」ってなに?

下準備、ヘアケアを入念に行ったらいよいよ「フォワード巻き」にチャレンジしていきましょう。フォワード巻きは初心者でも簡単にチャレンジできるようなオーソドックスかつ、簡単な基本の巻き方です。
内巻きとも呼ばれており、後ろから前の方に向かって内側に巻いていきます。フォワード巻きは巻き髪の魅力を存分に引き立たせてくれる、巻き髪の中でも一番入りやすい方法です。内巻きなので、柔らかく清楚で、清潔感のある雰囲気を演出してくれます。

フォワード巻きのやり方は?

フォワード巻きとリバース巻きのやり方
まず自分の髪質と仕上げたい雰囲気にするための太さのコテを用意します。コテも太さによって、カールを細かくできたり、ゆるやかにできたりしますから、自分の好みで何本か持っておくとバリエーションも豊かになります。

  1. チョイスしたコテで、毛束の中間の髪の毛を挟み、一回転させ、数十秒その状態を保ちます。せたら数秒間そのままキープします。
  2. 毛を巻き込みながら、コテを毛先へと滑らせていきます。
  3. 毛先まで到着したら、コテを抜いてください。

この動作を2~3回ほど繰り返すとカールがだんだんできてきます。最後は毛先まで髪をコテに完全に巻きつけた状態を5秒~7秒ほどキープしてください。そしてすっとコテを外すと、きれいな巻き髪が仕上がっています。

※コテを抜くときには、カールを崩さないように意識して慎重に抜くようにしてください。きれいに抜くことができると、カールもきれいな仕上がりになります。

コテでどれくらい挟めばいいの?

髪質や髪の量、コテの温度などによって、髪の毛を挟む秒数は異なります。最初のうちはなかなか難しいかと思いますが、何回かチャレンジするうちに、自分の髪質や理想の仕上がりにあった秒数を見つけることができると思います。
だんだんポイントもわかってきて、巻き髪上級者になれるのではないでしょうか?なれてきたら、コテの太さなども変えてみて、巻き髪の仕様も変えてみるのもいいですね。

まとめ

巻き髪ではエレガントさ、清楚さ、女性らしさ、様々な雰囲気を作り出すことができます。あなたの理想の女性像、思い浮かべながら、毎日のヘアアレンジを楽しんでください。また日によって雰囲気を変えて、ギャップを上手く利用するのも素敵ですね。
おしゃれの楽しみ方はきまりはなく、本当にあなた次第ですから、存分に楽しんでみてくださいね!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください