巻き髪のアレンジは下準備が重要!おすすめの3つのポイントを教えます!

巻き髪のアレンジとコテのおすすめ
ヘアアレンジのバリエーションが豊富なロングヘア。黒髪ストレートや、ポニーテールなど様々なアレンジも効いて飽きにくいですよね。そんなロングヘアのヘアアレンジの中でもひときわ目立って人気なのが、「巻き髪」です。

スポンサーリンク

「巻き髪」でヘアアレンジ

「巻き髪」にも様々なバリエーションがあり、コテの種類も巻き方も、その人次第で全く違った仕上がりになります。巻き方を使い分けることによって、雰囲気もがらっと変わり、素敵な女性へと早変わりすることができます。自分なりのおしゃれを確立することができるのです。
「巻き髪」は上級者だけではなく、初心者ももちろん安心してチャレンジできます。今日は、少し不器用だけど「巻き髪」でおしゃれを楽しみたい人へ向けて簡単に「巻き髪」を作ることができるポイントを伝授します。是非早速取り入れてみてください。

簡単なロングヘアのヘアアレンジで印象を変える方法!
自由自在のロングヘア、凝っている素敵なヘアアレンジをしているロングヘアの女性は、思わず目で追ってしまいますね。 あんな素敵なヘアスタイ...
ヘアアイロン(コテ)選びに迷ったら!コテの種類と選び方を教えます!
みなさん、「コテ」を使ったことはありますか?自分の髪の毛を自由自在に操ることができるコテ、普段のヘアスタイルにも、ちょっと特別な日のヘア...

巻き髪には入念な下準備が必要…!

まず巻き髪をつくっていくにあたって、最も必要なことは「下準備」です。下準備を怠ってしまうと、その時はきれいな仕上がりになっても、時間が経つにつれてくずれてきて、家に帰ることには巻き髪なんて跡形もない…なんて状況になりかねません。少し面倒でも、下準備はしっかりと入念に取り組みましょう。

下準備のポイントは大きく三つ!

さて、下準備の重要さをお分かりいただけたところで、早速下準備のポイントを取り上げていきます。
巻き髪の下準備には、主に3つのポイントがあります。

ブローをしっかりする

巻き髪は髪が濡れている状態や乾ききっていない状態でやると、非常にとれやすくなってしまいます。ドライヤーでしっかりと髪を乾かしきってから、巻き髪に挑んでください。また、とれやすくなってしまうのもそうですが、髪への負担も大きく、傷んでしまったりバサバサと感想してしまったりします。
水気が残っている状態で、ヘアアイロンやカーラー、コテを使用するのはとても危険なのです。髪の内部の水分がコテなどによって蒸発してしまい、まったく水分がなくなってしまうので、しっかりと巻けてもそれを続けていけば、キューティクルも減ってきてしまいますしなによりツヤがなくなってしまいます。
絶対に乾かしてから巻くように心がけてくださいね。

カールローションを使用する

巻き髪にチャレンジする前に、カールローションを使用すると、長時間巻き髪を保ってくれる役割を果たします。また、髪のダメージも軽減させてくれ、ツヤツヤとした髪の状態で、巻き髪をつくることができるのです。もちろん太い髪や細い髪、うねりやすかったり直毛だったりと、自分の髪の質があるかと思います。自分の髪の質にあったカールローションを選んで使用してみましょう。
先ほどもお伝えしましたが、乾かしてからカールローションを使用してくださいね。カールローションの役割を存分に生かすには乾かすことも必須条件です。カールローションを上手く取り入れることができれば、より素敵なヘアアレンジになることでしょう。

ブロッキングもおすすめ

巻き髪をする方にもうひとつおすすめなのが「ブロッキング」です。ブロッキングとは髪を小分けにするテクニックのことです。
やり方は非常に簡単で、つむじや耳付近を基準したりして4~8分に髪を分けます。もちろん髪の量などによって分け方は工夫してください。
この分けた髪はアメピンやクリップなどで留めるのが好ましいですが、なかなか時間もなくむずかしいのが現代人の悩みですね。小分けにしなくても髪の毛をざっくり上下に分け、上の段の髪を大きめのピンやクリップで頭の上付近にまとめるだけでもOKです。そして下の方の髪をコテやアイロンを使用し巻き上げていきます。均等に仕上がるのが嬉しいところです。
巻き髪このブロッキングをやると非常にきれいに仕上げることができます。やらなくても巻くことはできますが、ブロッキングを取り入れるのと取り入れないのとでは大きく差がつきます。

まとめ

巻き髪のヘアアレンジとコテのおすすめ
いかがでしたでしょうか?せっかくのロングヘア、楽しみたいですよね。素敵に長持ちする巻き髪ヘアアレンジ、ぜひ今日の下準備で叶えてみてください。朝作って夜くずれるはもうおさらばです。ヘアアレンジひとつで自分なりのおしゃれを楽しんでくださいね。
また日頃からコテやアイロンを使用するという方は、ヘアケアも忘れずに行ってくださいね。見えないようで、ダメージを受けている髪。トリートメントを入念につけてみるなどのケアも、念頭に置いておいてくださいね。一生付き合っていく髪ですから、日々大事に大事に向き合っていきましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください