ヘアアイロン(コテ)選びに迷ったら!コテの種類と選び方を教えます!

ヘアアイロンとコテの選び方
みなさん、「コテ」を使ったことはありますか?自分の髪の毛を自由自在に操ることができるコテ、普段のヘアスタイルにも、ちょっと特別な日のヘアアレンジにも、どの場面でももってこいのアイテムです。

スポンサーリンク

「コテ」の選び方

コテを使うことによって、へアアレンジの幅も広がりますし、おしゃれも楽しくなるかもしれません。
ふわふわとした巻き髪でばっちりヘアアレンジを決めている女性は、とても魅力的にうつるものです。まだチャレンジしたことがないけれど、美容院にではなく、自分で簡単に素敵な巻き髪ヘアを作ってみたい…。でもどうやったらきれいに巻けるんだろう…?と上手なコテの使い方を知らないなどという人も少なくないのではないでしょうか?
エレガントな巻き髪を自宅で簡単に実現してくれるコテ、これにもいろいろな種類があります。どれを選べば良いのかも分からない…という方もいらっしゃいますね。今回はコテの種類や選び方を特別に紹介します。

細かいカールを作りたい!

まず、コテの種類の定番は26mm、32mm、38mmの3種類、また細かいくるくるっとした巻き髪を作りたい方は19mmなどもあります。
19mmのコテは、細かめのカールを作ることができるので、ショートヘアの人に人気となっています。簡単にショートに方でもヘアアレンジが楽しめ、ケープなどを使えば、まるでパーマをかけたような仕上がりになるのが特徴です。もちろん、19mmのコテを、ロングヘアの方が使ってもOKです。
細かいカールでボリュームを出したヘアアレンジを効かせたい時にもってこいな大きさです。

ショートなど短い髪の人にオススメ

ショートヘアや、ミディアムヘアの方にオススメなのが、26mmのコテです。26mmは太くもなく細くもなく、ちょうど良い大きさ。ショートヘアで太めのコテを使ってしまうと、やけどを負ってしまう可能性があるのですが、この26mmだと安心です。少しいつもよりもエレガントに決めることができるのでオススメです。
少しずつ髪の毛をとって、カールを丁寧にかけることによって、他のコテと比べると安定して1日中崩れにくく、髪型をキープすることができるのです。
ロングヘアの方で直毛すぎてなかなかカールがつきにくい、取れやすいといった人にももってこいの大きさです。

初心者も上級者も愛用、人気NO1のコテ

32mmは、コテを使ったことがないという初心者の入門のコテの大きさです。初めてでも比較的扱いやすくて、巻きやすいので、失敗しずらいのです。ショートだとやけどする可能性がありますが、極端なショートヘアでなければ問題はないでしょう。
基本的にはミディアムヘアからロングヘアの方にオススメしたい大きさです。このサイズは一番人気と需要があり、美容院などでも、重宝されています。髪の毛を多めに取って、32mmコテで巻くことで、ふんわりとした女の子らしい“ゆるふわ巻き”を実現することができます。
また、少なめに髪の毛を取って細かめのカールを何本か作ると“しっかり巻き”を作り出すことができます。
いろいろなヘアアレンジにもってこいの使い勝手NO1のコテサイズなのです。

38mmはかなりロングヘアの方に…

定番の太さで一番太い38mmのコテ、髪の毛がかなり長い方にオススメです。短い人が38mmで巻くと、髪の毛の長さが足りずにとても巻きにくいです。ロングヘアの方は38mmを使える特権を持っています。ぜひゆるやかでゴージャスな巻き髪を作ってみてください。
かなり大きめのゆるふわっとしたカールを作ることができますし、髪の毛全体にボリュームも出るので、ぺちゃんこ髪に悩んでいる方にも最適です。

髪質も関係していた…コテ選びのコツ

コテとヘアアイロンの選び方
コテ選びでは、髪質も関係してきます。髪が割と細めの方だとカールがつきやすく、逆に太めだとカールはつきにくいです。もし細い方は髪の長さの目安より一回り太いサイズのコテを選んでも良いかもしれません。そして、髪が太めの方は一回り細いサイズのコテを選びましょう。
髪の毛を染めたりして傷みやすくなってしまっている方は、なるべくダメージを軽減してくれるような、マイナスイオンが出るタイプのコテを選びましょう。

まとめ

コテのお値段はピンからキリまで。安いものは1000円以下ですし、マイナスイオンなど髪への負担が少なめのコテはもっと値段が張ってきます。ただ、今まで使ったことがないという人は、安すぎず高すぎない2000円?3000円くらいのコテで、太さは32mmをチョイスするのが無難かと思います。
もちろん、髪の長さや用途に合わせてよく考えて選んでくださいね。すごく髪が長いという人は、38mmでも良いかもしれませんし、逆に髪が短すぎるという方は、19mmがあっているかもしれません。
コテがあるだけで、毎日のヘアアレンジに深みがでます。ぜひ試したことがないという方はチャレンジしてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください