「子育てコーチング」を理解することで理想的な正しい育児法を学ぶ!

アドラー心理学で子育てコーチング

この頃、家族間の問題がニュースなどでしばしば報道されています。人を育て上げるといったものはやはり非常に苦労することです。そのことに持ちこたえきれなくなってしまうことこそが非常に大きい要因として挙げることができます。それではこれからどのようにして育てていくことが必要なのでしょうか。
以下のことは親と子どの子供の関係だけでなく、会社においての上司と部下の関係にも当てはまると思いますので参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

子育てコーチングとは

両親がどんなような育成方針を示して、どういうふうに子育てしていくかでその子供の大体のパーソナリティ(性格)が固定化されていくようです。
したがって親の責任は非常に大きいと言えます。しかし、どのように子供の教育に取り組んでいくのが間違いないのか思い描いたところで先に進めないことが多いと思います。そういうわけで、近頃注目されている「子育てコーチング」という方法をご紹介します。
「子育てコーチング」というのは理想としている正しい子育てを指導するものです。まず子育てコーチングをスタートするのに先立ってぜひとも頭に入れておいてほしいことがありますので以下にご紹介します。

まずはアドラー心理学を理解すること

アドラー心理学や教育の本

子育てコーチングに入る前にまずは「アドラー心理学」を理解することです。
アドラー心理学は子育てコーチングと同様の教育のメソッドを呼びかけており、概要だけでも理解しておけば非常に役に立ちます
分かりやすくいうと後述の「課題の分離」、「対等なコミュニケーション」そして「共同体感覚を身につけること」が子育てコーチングと一致しているポイントになります。

課題の分離

アドラー心理学によると、「他の人の課題においてはあまり深入りしてしまうと、トラブルが引き起こされてしまう」といった考えがあります。実際のところ、多くの両親はこのポイントを実施できていないようです。

対等なコミュニケーション

「親子関係で、上下関係があってはならない」という考えがあります。
子育てコーチングにおいても同じ立場の横の関係に重点を置いています。

共同体感覚を身につけること

アドラー心理学では、「幸せは共同体の気持ちから成る」と明言しています。
他の人と共感して、そして肯定していただくことによって人は思いやりの気持ちを持つことができるのです。

子育てコーチングは、アドラー心理学をベースとして考案されたみたいなものだと言えるでしょう。
子育てコーチングの理解もより深まるはずなので、アドラー心理学に関する書籍を一度くらいは読んでみてはいかがでしょうか。

「行ってはいけない」5つのこと

育児や子供の教育と親

皆様はお子様との関係がうまく行っていらっしゃるでしょうか?また、適正に子育てを実践できていらっしゃるでしょうか?この頃の子供と父母は全体として関係がアンバランスになっている傾向にあるようです。そのことで心配事を抱いている人もかなりいると思います。
このような方たちの間で現在注目を集めているのが「子育てコーチング」という方法です。子育てコーチングについて詳しくは理解できなくても、なんとなしにその方法を耳にしたたことがあるのではないかと思います。子育てコーチングというのは理想とする親子関係を確立していくことを目指した観点に近いものがあります。
子育てコーチングで理解していただきたいポイントがあることに対し、行なってはいけないこともあります。ここでは、その5つの「行ってはいけない」ことをお伝えします。

その1:主語が相手になるような言葉は言わないようにすること

上記のようになるといつの間にかお互いに上下関係ができてしまい、同じ立場の関係を大事に考える子育てコーチングとは違ってしまいます。

その2:感情を人やものにぶつけてしまうこと

感情が非常に乱れた時であっても、子供にはその感情をぶつけてはいけません。
子供はしっかりと感情を受け取ってしまいますので、自分自身の存在価値を否定してしまうかもしれません。

その3:両親の思いを子供に無理強いすること

このことは子供からすれば非常にはた迷惑な行いではないでしょうか。
子供に精神的な負担も加わってしまいます。
子供の意見を大切にして、静観する姿勢でいましょう。

その4:子供の性格を否定してしまうこと

性格を否定するということは子供の存在を否定することを意味します。
軽い気持ちで注意したと思っていても子供にとっては大きな傷になってしまいます。

その5:他の人と比較を行ってしまうこと

子供のことをキッチリと見ようとしていない上、「できない子」というようなイメージを植え付けてしまうことになります。
その子自身をしっかりと見てあげたほうがいいでしょう。

上述の5つの「行ってはいけない」ことについては親として絶対にすることはやめましょう。
子育てコーチングをこれ以上ないほど実践できているとしても、こういった行為をしてしまうことで子育てが台無しになってしまうので、気をつける必要があります。

最後にコーチングに関する書籍をご紹介いたします。お子様の教育の参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください