減量するために必要なことは?運動と食事の他に何がある?

有酸素運動をして体重を減らす
ダイエットの王道というと、食事制限、有酸素運動を中心とした運動、ストレス軽減、そして内臓脂肪を減少させるためのダイエット用サプリメントなどの摂取です。

スポンサーリンク

どんな運動がいいか

そしてここでは、屋内でも楽しく行え、ストレス軽減にも効果のある4つの器具ダイエットについてご紹介します。いずれも屋内で使用するものですから、大きい場所を占めることはありませんので、いつも身近に気軽に行えるものばかりです。なかには、スポーツジムに置いてあるのを見たことがある方もいることでしょう。

エアロバー

長さは80センチと120センチの2種類があり、形は相撲の弓取り式で使う弓に似ています。中心を持って身体の前面でブルブルと動かすことで、二の腕の引き締め効果があります。また頭の上で上下にしならせて動かせば、腕や背中の引き締め効果があります。
約2,000~3,000円で購入できます。

レッグ(脚)マジックサークル

両足を置くバー部分と両手を置くハンドル、それらをつなぐバーでできています。カタカナの「エ」形ですね。両足部分は開閉すると共に捻りの動作ができますので、これによって下半身のシェイプ効果が期待できます。室内で、好きな音楽でも聴きながら行うといいですね。
メーカーによって価格に幅はありますが、5,000円から2万円で購入できます。

腹筋ローラー

小さい一輪車のタイヤ部分だけでできたような形をしています。使い方は、腹這いになって両手で車輪左右のバーを持ち、尺取虫のように前後に身体を動かすものです。初めはきついかもしれませんが、腹筋のシェイプアップ効果があります。きつい分、強い満足感が得られることでしょう。
最も安いものは、約1,000円で購入できます。

ヨガボール(バランスボール)

直径1メートルぐらいのゴムボールです。上に乗って身体のバランスを取りながら、全身の筋肉を引き締める効果が期待できます。また、脚で持ち上げれば脚の引き締め、仰向けに上に乗れば猫背や腰の歪みの矯正に効果があります。
1,000~4,000円で購入できます。

いずれもさほど高額ではありませんし、場所も取りません。室内で音楽を聴きながら、あるいは食後の軽いストレッチを兼ねて気軽にできる運動ばかりです。

ダイエットに必要な要素

食事制限と有酸素運動で減量
以上、ダイエットの器具について述べてきましたが、ここで、ダイエットを効果的に行うために何をすべきか、まとめてみました。まずは、食事制限・運動・サプリメントというダイエットに必須の要素を行う前に、チェックすべきことがあります。

あるメタボの男性と女性の体験談!ダイエット成功のコツとは
「やせたい」と思ってダイエットを始めてもなかなか効果が出ず途中であきらめてしまったことはないでしょうか。今回はメタボリックシンドロー...
「ダイエット」の本来の意味は痩せることとちょっと違うみたい
「ダイエット」とはどういう意味なのでしょうか?ほとんどの方はダイエット=痩せると思われているかもしれません。しかし、このことばの本来...

自分の体型をチェック

まずすべきことは、あなたご自身の体形(ボディプロポーション)を十分に見直すことです。そしてビューティーサロンや美容クリニックで、『どこを細くしたいのか、どこを重点的にダイエットしたいのか』を十分に考えたうえで、プロのアドバイスとカウンセリング受けることです。何故なら、ダイエットとは、素人判断に基づいて自己流で行なうと、健康を損なうことが大いにあるからです。
特に、若い女性、そして更年期の女性(男性も)は、慎重に計画を立てましょう。理由としては、やはり正しく行わないと、ストレスをためてしまって全身免疫力を低下させてしまったり、無理がたたって身体のバランスを崩してしまったりするからです。
次に、ダイエットを完遂させるために必要な事項それぞれについて記述します。

ダイエットの基本

サプリメント

ダイエット用のサプリメントは、内蔵脂肪の除去に効果があるものを選び、継続して摂りましょう。国産有名メーカーからは、テレビコマーシャル等で有名になったサプリが多く市販されています。その中から、体質によく合ったものを選び、続けてください。また、食事をサプリメントのみで済ませることのないようにしましょう。

食事療法

食事療法で大切なことは、揚げ物などの高カロリーものや甘いものは避け、新鮮な野菜類を多く摂ることです。

運動

運動のお勧めは、適度な有酸素運動であり、軽いジョギングやスイミング、また就寝前のストレッチ体操を毎日行って習慣化してください。

ストレス発散

現代社会では仕事や対人関係でのストレスはつきものですが、それを上手に逃がしましょう。方法としては、適度な運動やストレッチ体操がいいです。またたまには、思い切り笑う、温泉に行くなどもいいものです。

運動器具

器具を使った体操では、屋内用で場所を取らないものがたくさん市販されています。しかも、値段も安いですから、気軽に始めることができます。気長に続けましょう。

最後に、繰り返しになりますが、ダイエットを行ううえでは決して無理せず、非健康的な痩せ方にならないように注意してください。停滞期になったら、ダイエットに成功した人の体験談などを聞くのもいいと思います。

まとめ

  • 気軽にできるダイエット器具を使ってみよう
  • 無理せず、プロの意見を聞いて計画的なダイエットを
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください