「ダイエット」の本来の意味は痩せることとちょっと違うみたい

体重,減らす,減量

「ダイエット」とはどういう意味なのでしょうか?ほとんどの方はダイエット=痩せると思われているかもしれません。しかし、このことばの本来の意味とはちょっと違うのです。

スポンサーリンク

ダイエット本来の意味を知っておこう

よく、若い女性が「わたし今ダイエット中です」などと言ったり、芸能人が書いたダイエット本が売れていたりするということをニュースで見聞きします。
が、「ダイエット」という言葉の本来の意味は、体の肥満防止をすること、あるいは肥満防止のための規定食や食事制限をするという意味です。また規定食を摂らせるというのは、医学界において、医師などが食事制限をする患者に対して使う用語です。

変化した意味

しかし、古典における日本語の意味が現代のそれと異なっているのと同様、ダイエットという言葉の意味も変化しており、現在、通常に使われる意味は、単に「減量すること」や、「痩せる」というものに変化しています。

通常使われる「ダイエット」とは

したがって、冒頭にあげた「ダイエット中です」という言葉は、「痩せるためにあまり食べないようにしている最中です」という意味になります。
さらには、「ダイエット食」や「ダイエットメニュー」という言葉においては、痩せることを目的としたもの、という意味を持つようになっています。
このように、昨今においてダイエットという言葉は、広い意味を持つようになってきています。

男性のための減量法

このようにダイエットという言葉は、痩せることや、痩せて美しいスタイルになるために使われることが多いです。すると、ダイエットをするのは女性だけと思われがちですが、そうとは限らず、実は男性にも当てはまるのです。

メタボ対策としての減量

最近、日本人の成人のうち、標準体型に比べて女性は痩せている方が多く、男性は太っている方が多いという調査結果が発表されました。となると、ダイエットが必要なのは女性ばかりか、むしろ男性に多く必要であると言えそうです。
例えば、BMI指数が高い肥満体、あるいは、ウエスト回りに脂肪がついたメタボリックシンドローム(いわゆる「メタボ」)体型の男性が、ダイエットの対象であると言えそうです。

ダイエットに対する正しい知識が必要

減量,減らす,体重

このダイエットですが、食べるものを減らせば確かに痩せますが、では単に食事量を制限すればいいかというと、決してそうではありません。
よく見かけるのは、オフィスレディー(OL)など、若い女性が単に痩せてスタイルを美しく見せたいという場合、出勤前の食事を抜いてしまうことです。その場合、足りない栄養分やミネラルをサプリメントだけで済ませてしまうのです。そして毎日のように体重計に乗って、体重を気にするのです。
もちろん気持ちは分かりますが、そんな方法は、身体のためによくありません。

無理なダイエットは身体にも無理がくる

冒頭で述べたように、医師が行う「規定食」は、患者さんが健康的に痩せるために医学的に正しく処方されているものですから、そこから学ぶものは多くあります。
しかし、個人の考えで行うダイエットは、偏った栄養などで往々にして身体に負担をかけますから、そのために体調を崩し、病院通いになることにもなりかねません。

サプリメントに頼らないこと

そんな極端なダイエットの例としては、三度の食事をきちんと摂らず、ダイエット用のサプリメントの服用だけで済ませている若い女性の例ではないかと思います。
身体は、栄養分が不足すると、足りなくなった栄養を身体自体で補おうとすることがあります。例えばカルシウムが欠如していれば、骨のカルシウムを溶かして栄養とするのです。あまりに極端な食事制限をして、こんなことが起きてしまっては、「健康的な痩せ方」にはほど遠いと言えるでしょう。

健康的なダイエットとは

では、健康的に痩せるためにはどうしたらいいのでしょうか。メタボの男性も含めて、もっと大きな視野に立った正しくいダイエットを行うことで、健康的に痩せ、女性なら美しいスタイル、男性なら筋骨たくましい身体になりたいものですね。そのためには、単に食事制限だけに頼るだけではなく、日常生活そのものの見直しこそがもっとも重要と言えるでしょう。
すなわち、三度の食事・睡眠・運動、さらにはストレスの軽減させるこそが、ダイエットが成功するかどうかに関係してくることを正しく認識することです
ストレスと言うと意外に思われるかもしれませんが、ストレスは身体本来のバランスを崩しますし、人によっては「やけ食い」に走ることもありえます。

変化した食生活

ダイエットという視点で、改めて近年の日本社会を見直してみると、まず最初に気づくことは、食生活の変化です。伝統的な日本食の優れている点は、海産物や野菜を中心とした、高たんぱく低カロリーの食事です。
しかしながら、明治以降、食生活の欧米化によって伝統的な日本食を食べる機会は徐々に失われ、現代では動物性脂肪分の多い肉食とアルコール摂取量が増えていると言えます。
同時に、社会全体の都市化や職業分布の変化によって、運動量も減っているというのが現在の事実ではないかと思います。

まとめ

  • 「ダイエット」という言葉は、医師が肥満体を治療するために作られた
  • 正しい知識を身につけ、健康的なダイエットをしよう
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください