お腹がすいたらどうしたらいい?そんなときの対処法を教えます!

お腹がすいたときの対処法
仕事中や授業中、静かな中で腹の虫が鳴り響き、恥ずかしい思いをした…なんて経験、みなさん一度はありますよね。集中していたり、頭を使っていたりすると、どうしても空腹になってしまうものです。また、ダイエットをする女性や、徹夜で勉強する受験生などは、たびたびやってくるような空腹との勝負に打ち勝たなければならないですね。
今日はそんな空腹時の対処法を伝授、ぜひ日頃の生活に取り入れてみてください。

スポンサーリンク

お腹がすいたときどうする?

空腹ってどんな状況なの?~空腹のメカニズム~

私たちの満腹感・空腹感は「血糖値」の量によって左右されています。
血糖値があがると、満腹中枢が刺激され”満腹”に、血糖値がさがれば空腹中枢が刺激され”空腹”になります。
もちろん、本当に胃の中が空っぽの状態や、脂肪が分解され血中に脂肪酸が増加している状態の時にも空腹感はわきあがってくるものです。
しかし、このメカニズムさえ理解していれば、逆に満腹・空腹を自身で、操ることができます!これを分かった上で空腹時の対処を行うことで、空腹に打ち勝つことができ、ダイエットなどにもつながることでしょう。

ダイエット中にストレスを感じたら、おすすめの発散法を教えます!
ダイエットを行ううえで、いかにストレスを軽減するのかが重要となります。それは、ダイエットにとって、決して無視できないほどの影響力があるか...
なかなか減量できない理由を調べてみた!理由がわかればダイエットできる!
「痩せるにはこれがオススメ!」と紹介されている商品を利用しても、なかなか痩せることができずに失敗に終わってしまったということがあります。...

メカニズムを利用して…~空腹時対処法~

満腹・空腹のメカニズムなどをうまく取り入れて、いざ空腹時の対処法を実践してみましょう!

軽い運動をしてみる

血糖値と満腹・空腹とは非常に深いつながりがありますね。
実は運動をすると、血糖値は上がります。これを利用し、空腹時に運動をしてみると不思議と空腹感は消え去ります。
運動不足も解消でき、空腹感ともおさらば…得るものばかりでオススメです!
部屋の掃除をしてみたり、階段を上り下りしたり、腹筋などでもOK。
近くをお散歩したり、サイクリングをしたりするもの良いですね。

温かい飲み物を摂取

空腹時には、白湯やお茶など、あたたかい飲み物を摂取してみましょう。心も休まり、満腹感も得られます。
お風呂に使って、内臓を温めるのも効果的です!
どうしても暑い時は、炭酸水や水などでも良いでしょう。水を摂取するのであれば、ビタミンCが豊富なレモンを取り入れ、レモン水にするのがオススメ。
満腹感の持続に一役かってくれることでしょう。

歯磨きをする

キシリトールが配合されている歯磨き粉。歯磨きをすれば、このキシリトールがあなたの空腹感をおさえてくれます。
空腹感をまぎらわすことにもなりますし、もう一度歯磨きをするのは面倒と思えるので、食べてしまうリスクを減らすことができます!

嗅覚や視覚で打ち勝つ

人間の五感を利用して空腹感と戦ってみましょう。
空腹感を紛らわしてくれる柑橘系の香りを嗅いだり…。食欲減退の力を持つ青色系の色を眺めたり…。
嗅覚や視覚も、食欲をつかさどる大事な役割を果たしているのですね。
携帯の待ち受けを全面青色にしたり、グレープフルーツの香水を使ったり工夫してみましょう。

どうしても空腹に負けてしまいそうだったら…~OKな間食メニュー~

お腹がすいたときのダイエット

本当に胃が空っぽで空腹に打ち勝てそうもない…。きっとそんな時はでてきますよね。無理に我慢すると、ストレスのもとになり、ダイエットの逆効果になってしまいます。
反動でたくさん食べてしまうなら、賢く間食をするのも大事です。ダイエット中でも食べて良い間食メニューをお教えします!

ゼリー

フルーツのはいったゼリーはオススメです。満腹感も得られるし、甘みもあり美味しく味わうことができますね。
最近では0カロリーのものも販売されています。うまく取り入れてみましょう。

グミ

グミは糖分を摂取することができ、非常に手軽なお菓子です。
コラーゲンも含まれているので、お肌にも良いですね!

ヨーグルト

ヨーグルトはみなさんご存知、乳酸菌が含まれています。
便秘解消に一役かってくれますよ!
また、乳製品はお腹に膜が張り、満腹感も得られるのでオススメです。

野菜・果物

野菜や果物は間食の時の強い味方です。
たくさん栄養素もあり、空腹感も撃退してくれます。
野菜であれば温野菜がオススメ。体を冷やすことなく、低カロリーで満腹度を得ることができます。
果物はたくさん種類をとると酵素が喧嘩してしまうので、1種類~2種類を摂取するのが良いですよ。

本当に空腹なのかを考えてみること~まとめ~

空腹感をかんじている方、まずは自分が本当に空腹の状態なのかを立ち止まって考えてみませんか。
ただ空腹中枢が刺激され、空腹感を感じているだけなのかもしれません。
脳には満腹中枢と空腹中枢があることを思い出し、本当に物理的に空腹な状態なのかを見極めることも大事です。
食べなくても良いような時に偽の空腹感で、食べ物を摂取してしまうと、肥満への第一歩。
間食はさらなる間食を生み、負のループとなってしまいます。
空腹と満腹、よく自分の状態を知って、ダイエットにつなげましょうね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください