「ユーザー車検」をすれば車検の費用を節約できる!その方法とは?

費用が安いユーザー車検と車
皆さんは「車検」を、どのようにして実施していますか?
多くの場合は「専門の業者に車検を依頼する」ことだけで、それを自分で何かしら工夫するような方法としては認識していないはずです。

スポンサーリンク

自分で車検

しかし、車検を理論的に考えると、実は何の資格もない素人が車検を行うことも出来るのです。
そこで、業者に全てを任せずに自分でできるところは自分で行う車検について解説していきます。

自分で車検を行うこと

一般的には、自動車整備工場やディーラーに全てを任せて車検を行うのですが、法律では実は車の所有者本人が車検を受けることが基本なのです。
しかし、実際のところは時間や設備などの様々な問題があり、整備工場やディーラーにまかせている状態が常態化しています。
特に、技術や設備的な問題は現実的に大きな問題となりますが、その点だけ任せて、車検そのものは自分自身で行う方法もあります。
この方法を一般的に「ユーザー車検」と呼びます。

ユーザー車検の方法

車検においては、自動車のプロが点検を行い、車検を受けに行くことになります。
専門の道具屋設備が必要になる部分のことを「点検整備」と呼びますが、これは自動車に詳しくない人や、そもそも専門の整備設備などを必要とするため、一般の家庭ではまず不可能です。
そこで、点検整備については業者に依頼し、運輸支局に車検を受けに行く手順を自分自身で行う方法です。
つまり、専門的な部分はプロに任せて、自分は手続きだけを行うという方法が、ユーザー車検です。
これなら、あまり自動車に詳しくない人や、技術や設備の問題をクリアできない人でも、車検を受けることが可能になります。

ユーザー車検のメリット

ユーザー車検の最大のメリットというのは、車検にかかる費用を節約できることです。
ケースにもよりますが、15万円ほどの車検代(見積もり)を、ユーザー車検によって9万円ほどまで減らすことに成功した例もあります。
2年に1回とは言え、決して安いとは言えない金額です。
次に、車検に関する知識と経験を得られることです。
車検の手続きは、すぐに完了するようなものではありません。
様々な検査や手続きを必要とするので、数時間ほどの作業を必要とします。
しかし、それだけの経験と知識を得ることができるので、自分の車に対する知識と車検に必要な知識および経験を得ることになります。
ある程度は事前に知識も得ておくべきですが、基本的には手続きを進めながら覚えていけば十分です。

自動車への知識

自分でユーザー車検を行う
そして、自分の車に対する知識については、特に技術的な問題の実用的な部分において大きなメリットとなります。
車検では、自分の車における様々な問題点が浮き彫りになります。
日頃から使い物ですし、使っていなくても劣化などが起きます。
自動車を保有しているだけで、車は様々な問題を積み重ねていくことになります。
そうした劣化などの問題は、日頃から車の使い方や休日の手入れの仕方で、全く異なってきます。
つまり、車検を自分で行うことで、自分の車の乗り方・つきあい方でどういった問題が発生したのか、その問題はどうしたら回避できたのかを理解することができます。
今後は、その知識を基に車とのつきあい方を変えることで、車の技術的なトラブルを起こしにくくなります。
いざという時の事故を回避することができ、次回以降の車検の際の整備費用を押さえることにもつながります。

ユーザー車検のデメリット

そんなユーザー車検ですが、デメリットがないというわけではありません。
まず、車検で何か技術的な問題が発見された場合、それを改善してから再度車検を受ける必要があります。
車検は、実は平日にしか受けることができません。
そのため、自分で車検を受けようと思ったら、平日に時間を確保しなければならなくなります。
平日に休みがない人は有給等を利用しなければなりませんが、1回で済むはずの車検が再度受けに行かなければならなくなってしまった場合、休みを確保できるかどうかが問題となります。

現実的な選択

現実的に考えると、安易にユーザー車検をやってみようと思わないほうが無難であるといえます。
もちろん、理論上は免許を持っている人であれば、車検を受けることはできます。
しかし、車についてそこまでの知識がないと、いざというときに対処することができないことも事実です。
そのため、整備工場やディーラーに車検を任せる人が多いのです。
とは言え、選択肢の一つとして考えておくこと自体は間違ってはいません。
平日に休みを簡単に確保できる人で、ある程度は自動車に関する知識も持っているのであれば、ユーザー車検という選択肢は十分に候補として挙げる事ができると思います。

まとめ

  • ユーザー車検は技術的なところはプロに任せて手続きだけ自分で行う方法
  • 車検代を節約することができ、車に対する知識も身につく
  • 平日に時間を確保できる人でないと利用することはできない
  • 選択肢の一つとして候補に上げる程度なら現実的
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください