敏感肌なのに日焼けしてしまったら、その対策法を教えます!

肌を白くする,地黒,方法
冬は乾燥、夏は湿気、お肌は一年中気候などの様々な影響を受け続けています。特に、繊細な敏感肌の方はお手入れするのが非常に大変ですね。少しでも化学成分の含まれる化粧品を使用してしまえば、肌はピリピリと痛み痒みを伴うこともあるのではないでしょうか。
そんな敏感肌の方々にとって紫外線は大敵、受けることにより起こる「日焼け」には細心の注意を払わなければなりません。

スポンサーリンク

敏感肌の日焼け対策

地黒,肌を白くする,対策

日焼けしてしまったら

すぐに肌が赤らんでしまったり、いつまでたってもヒリヒリとした痛いが抜けなかったり、あるいは黒ずんでしまったり…。
日焼けに関しては、敏感肌ではない方もケアや対策が必要ではありますが、やはり敏感肌を持ち合わせる方は通常の肌と比較すると何倍も顕著に影響が出てしまいます。しかし完全に日焼けしないことは難しいですね。
万が一、日焼けをしてしまった場合、どのようなケアを施せばよいのでしょうか。今回は、敏感肌の方の日焼けのアフターケアについて、ご紹介していきます。
ちなみに肌を白くする方法についても以下の記事を書いておりますので、参考にご紹介します。

肌を白くするための方法はたった7つの習慣だけ!
肌を白くするために必要なこと、それはたった7つのことを習慣として実行すればよいのです。それではどのようなことを実行すればよいのでしょうか...
地黒の人が肌を白くする方法!美白になる3つのことを教えます!
両親、祖父母、さらには親戚の多くが肌が黒いという、根っからの地黒の遺伝子をそのまま丸ごと引き受けてしまい生まれつき肌が黒いのが悩み、遺伝...

敏感肌さんの日焼け直後の対応

敏感肌はアレルギー体質の方に多く見られ、たとえ少しの刺激だろうと敏感に影響が出てしまいます。紫外線による日焼けももちろんその対象です。
万が一日焼けをしてしまった!という方がいらっしゃったら、無条件にまず肌を冷やしましょう。濡れタオルや保冷剤、ビニール袋に入れた氷水を日焼けの段階別に分けて使用することをおすすめします。肌が強い方であれば、日焼け後、すぐさまアフターケア化粧品を使用しても問題ありませんし、その方が効果的の場合もあります。
しかし敏感肌の場合は、アフターケアとして使用する化粧品がさらなる刺激となり、ダブルで影響を受けてしまうような結果をもたらしてしまうのです。いくらアフターケア効果抜群化粧品!などと謳っていても、敏感肌にとっては例外である場合が多いです。
効果抜群と称される背景には、化学成分の影が潜んでいるケースが多いです。通常の人にとっては効果は見られる商品でも、自分には毒かもしれないというスタンスでいた方が良いのかもしれません。
ただ、どうしても我慢できないほどの痛みを伴う日焼けに関しては、迷わず病院に掛かり、お医者様の判断に任せましょう。

日焼けのリスク

お肌のトラブルで上位を占める日焼け、敏感肌の方はもちろん、そうでない方も多数の方が悩んでいます。くすみ、シミ、ほてりなど様々な影響をもたらしますね。敏感肌の方は角質層が薄く保水力が低いため、健康的な肌の方に比べると日焼け後のリスクはやはり大きくなってしまいます。
まず紫外線を浴びると体温は上昇しますね。この体温の上昇により、角質層内の水分は蒸発してしまいます。そして敏感肌の水分の少ない角質層では角質同士が非常にはがれやすい状態に陥ります。薄くなった角質層は外的刺激から守れなくなってしまうため、今までよりも敏感肌は加速してしまうのです。
そのため、日焼けをしている最中よりも、日焼けをしてしまった後の敏感肌の進行を防ぐために、アフターケアに重点が置かれているわけです。

アフターケアについて

日焼けしてしまいある程度まで肌を冷やして痛みや痒みなどの感覚がある程度落ちついてきたら、化学成分不使用のアフターケア化粧品を使用してください。
その時、全ての日焼け箇所にべったり塗りたくるのではなく、じわじわと狭い範囲から少しずつ広げるように優しく伸ばしていきましょう。そのようにすることで肌が驚くこともなく、また高い効果を得ることができるのです。

化粧品の選び方

肌を白くする,方法
アフターケア化粧品を選ぶ際は、無添加化粧品や自然派化粧品を選ぶようにしましょう。しかし自然派化粧品を手に取り、原材料や成分に目をやると、危険な合成成分がほとんどで少量の植物エキスを混ぜあわせたというような化粧品も実際に多く存在しているというのが現状です。無添加、自然派といいながら、現実はそうでないことが多いのです。
必ずどの商品もキャッチコピーや謳い文句などを鵜呑みにせず、自分の目で成分や原材料をしっかりと確認した上で購入を決めるように心掛けてください。一生付き合っていく敏感肌ですから、大事にしましょう。たったそれだけで、敏感肌の進行も阻止することができますし、負担も軽減できるのです。

まとめ

敏感肌は、刺激を受けるたびに進行していきます。極力刺激を避け、もしも刺激を受けるようなことがあれば必ず正しいアフターケアを施しましょう。
中でもやはり日焼けに頭を抱えている人はかなり多いです。敏感肌の人は、外出の際の肌の露出を極力避けるなど、紫外線から身を守る対策を怠らずにしてください。
日焼けをしないに越したことはないのですがが、全く紫外線を受けないということは不可能でしょう。今回、紹介したアフターケアを入念に欠かさずしていれば、良好な肌の状態を保つことができます。これからずっと付き合っていくあなたのお肌、おばあちゃんになっても綺麗でいたいという思いを忘れずに労って大切にしてあげてくださいね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください