乾燥肌には洗顔の見直しが重要!心得ておきたい洗顔方法

保湿と洗顔で乾燥肌の改善
男女ともに冬にありがちなお肌の悩み…。一番に上がるのは「乾燥」ではないでしょうか。お風呂上がり、ひりひりして痛かったり、朝起きた時に顔が乾燥でカサカサになってしまったり…。また乾燥のせいで化粧のノリも悪くなってしまっているなどと様々な悩みをかかえてしまっているなんて方も少なくないのではないでしょうか?

スポンサーリンク

正しい洗顔方法

乾燥で悩んでいる方、もしかしたら保湿の方法を間違ってしまっているかもしれません。美容液や化粧水、乳液など、どんなに高くて良さそうなものを使っていたとしても、保湿の仕方に問題があったり、保湿方法が間違っていればそんな化粧品はまるで意味がありません。今すぐ、正しい保湿の方法を学んで、ぜひ今年の冬はぷるぷるの潤っているステキなお肌を手に入れてみてくださいね。

乾燥肌に効果的な保湿方法って化粧品の順番が重要みたい
みなさん、寒さの厳しい冬がそろそろやってきますね。 効果的な保湿方法 冬といえば避けられないのが乾燥…。男女問わず乾燥肌に悩みを抱え...
「二十年ほいっぷ」という洗顔石けんは泡がポイント!口コミはどう?
歳を重ねるごとに目立っていく年齢肌、やはり免れることはできませんね。だんだんと顔色はくすんでいってしまい、シミやシワ、黒ずみなどもは増え...

保湿に一番大切なこと

お肌の潤いを保つのに最も重要なこと。それはお肌本来が持つ「保湿機能」をばっちりと保つことです。保湿機能とは角質層の水分を保つ力のことをさします。この保湿機能を保つのには、毎日の正しい洗顔がカギになってきます。「正しい洗顔」というのはキーワードになっており、洗顔の方法一つで、乾燥を招いてしまうこともざらにあります。
間違った洗顔方法を毎日のように行うことで、角質層が持つもともとの保湿機能を破壊してしまい、過度の乾燥を招いてしまうのです。そして、肌トラブルの原因、慢性的な乾燥肌となってしまうことだってあります。
肌の保湿やバリア機能も兼ねている角質層、これが洗顔によって傷つけられてしまっては、乾燥を招いてしまうのは言うまでもありませんね。角質層はなんと厚さわずか0.02mmほどの薄い層です。非常にデリケートでいとも簡単に傷ついてしまいます。そのため、毎日の洗顔では角質層を傷つけないような正しい方法で行う必要性があるのです。

正しい洗顔をする前に…

保湿と洗顔で乾燥肌の改善
まず、正しい洗顔をする前に、心得ておきたいことがあります。お肌に触れるものをすべて清潔にしておくということです。
洗顔時には前髪含め、髪の毛をしっかりとターバンなどで後ろ髪は結んで、顔に一切髪がかからないような状態を作りましょう。また、洗顔の後に洗髪をしてしまうとシャンプーなどがせっかく綺麗になったお肌に付着してしまう可能性がありますから、洗顔前に洗髪をしておくのがベターです。
また、洗顔前には必ず手を清潔に洗うようにしましょう。手には目に見えないですが様々な汚れや皮脂などがびっしりついてしまっています。これが付いたまま洗顔を行うと、皮脂などがせっかく立てた泡などを吸収、泡立ちは悪くなってしまいます。
もこもこの泡を立てることも正しい洗顔をする秘訣。しっかりと手を綺麗にして洗顔に挑みましょう。

メイクしている場合の洗顔方法

洗顔準備が整いましたか?いよいよ洗顔に入りますが、メイクをしている方、ノーメイクの方で洗顔方法は異なってきます。
最近の化粧品は、メイク崩れを防ぐために、お肌への密着率やカバー力は抜群に良くなってきています。が、しかしメイクが崩れないということは、洗顔でメイクも落ちにくいということです。
メイクをしている方は、「クレンジング剤」を使用する必要があります。まずメイクをしている場合の洗顔方法を伝授します。
クレンジング剤を使って化粧など油汚れを浮かして、ぬるま湯でよく洗い流します。しっかりと洗い流すことができたら、よく泡立てた洗顔料を使って、クレンジング剤の残り油分をすべて綺麗に洗い流しましょう。
クレンジングと洗顔兼用をうたうタイプの洗顔料も販売されていますが、お肌に刺激の強い成分が含まれている場合がほとんど。乾燥などお肌トラブルをかかえている人にはあまりおすすめできません。根本から乾燥を治したいということであれば、クレンジング剤と洗顔料はしっかりと分けるようにするのが無難でしょう。

ノーメイクの場合の洗顔方法

ノーメイクの場合は、メイク時に比べてお肌は油分が少ない状態です。そのため、クレンジング剤は不要です。自分のお肌にあった洗顔フォームを選び、よく泡立て、やさしくしっかり洗って、ぬるま湯で汚れや皮脂を流しましょう。
洗顔をする際は、クレンジング剤も洗顔料にしても必ずお肌の表面に洗い残りがないように入念なすすぎをするようにしてくださいね。
また入念なすすぎ、といっても、力強くごしごしとこすりながらすすぐのだけはNGです。言うまでもなく、手の摩擦によってお肌が痛んでしまい、角質層は傷ついてしまいます。すすぎも優しく丁寧に行うように心がけましょう。タオルで水分をふき取る時にも、水分を吸い込ませるような優しい拭き方をしてくださいね。

まとめ

正しい洗顔方法を行うだけで、乾燥肌というのは驚くほど治ります。乾燥に悩んでいたという方は、騙されたとおもって、洗顔方法を見直してみてください。
毎日、正しく洗顔を行って、少しずつ乾燥肌を改善、潤いあるお肌にしていってくださいね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください