乾燥肌に効果的な保湿方法って化粧品の順番が重要みたい

保湿と洗顔でアンチエイジング
みなさん、寒さの厳しい冬がそろそろやってきますね。

スポンサーリンク

効果的な保湿方法

冬といえば避けられないのが乾燥…。男女問わず乾燥肌に悩みを抱えていることでしょう。しかしこの乾燥、しっかりと正しい保湿の方法を知ることで改善することができます。逆に間違った保湿方法を行っていれば、いくら高い化粧品を使っていたところで乾燥肌は進行する一方です。
今回は効果的な保湿の方法を伝授、日々の生活にぜひ取り入れてみてくださいね。

正しい洗顔→正しい保湿方法の必要性

まず乾燥を防ぐには正しい方法での洗顔が不可欠となってきます。毎日行うであろう洗顔、これが間違っている方法で行われていた場合、あなたのお肌の角質層はぼろぼろ、傷ついてしまっていることでしょう。角質層はお肌の潤いを保つのに必要不可欠な存在です。正しく傷つけないように洗顔を行うようにしてくださいね。
そして正しい洗顔の次はいよいよ保湿。もちもちで潤いあるお肌をGETするためには、洗顔後すぐにお肌へ水分を与えてあげることが重要です。

保湿の際の化粧品の正しい順番は?

みなさん、洗顔後はとりあえず保湿しなきゃ!とおもって適当に化粧水をして、乳液、クリーム、美容液といってがむしゃらに自己流なお手入れ方法を行っていませんか?この順番、大きな間違いです!この順番のおかげであなたの乾燥肌は悪化してしまっている可能性すらあります。
まず、乳液やクリームには、たくさんの油分が含まれています。この油分たっぷりの化粧品を先に付けてしまうことで、お肌は油の膜に覆われてしまいます。覆われた状態で、美容液を付けたとしても、せっかくの美容成分は浸透するはずもなく、油膜にはじかれ、ブロックされてしまいます。高い美容液も無下になってしまうのです。そのため、洗顔後の保湿の正しい順番は、化粧水を塗った後に美容液。そして乳液やクリームの順でつけるようにしましょうね。

化粧水の付け方にもポイントがあった

保湿と洗顔でお肌のケア
一番基本の化粧水の付け方にも、抑えておきたいポイントがあります。とりあえず化粧水はつけるだけで良いよね、とさらっとつけるだけだという人は少なくないかと思います。もちろんそれでも問題はないのですが、さらに保湿力をアップさせるには、化粧水の付け方にも一工夫加えましょう。しっかりとお肌に化粧水、そしてその後の美容液や乳液を吸収させるには、正しい化粧水の付け方をマスターしておくと良いのです。
まず、いつものようにお肌全体に化粧水をなじませます。そして両方の手の平を使ってお肌を挟み、化粧水を押し込む「ハンドプレス」と呼ばれる方法をとります。このハンドプレスでは、手の温かさを利用、これによって浸透力がアップし、水分が蒸発してしまうことを防げるのです。また、化粧水は2~3回ほどたっぷりとつけると、より効果的です。

美容液の効果を存分に受けるために…

いろいろなお肌に嬉しい成分が凝縮されている美容液、近年人気が高まっていますよね。この美容液をつける順番をしった次は、効果的に付ける方法を伝授いたします。
まず毛穴の開いている入浴後というのは、非常に美容液を吸い込みやすい状態にあります。このタイミングを狙って、数回に分けて美容液を重ねるように塗りましょう。これによって美容成分を効率的に浸透させることができます。
また洗顔後、蒸しタオルを30秒くらい顔全体覆うように乗せてみると、お肌の毛穴が開きますので、美容成分がすっと浸透しやすくなりますのでおすすめです。

乳液、クリームの付け方は?

最後に、乳液、クリームの付け方をご紹介しましょう。保湿の要となる乳液やクリーム、お肌に油の膜を張って乾燥を防ぐことができますので、欠かせない化粧品です。
まず、手のひらに乳液を、500円玉くらいの大きさにとってください。これをおでこや頬、目の下などに少しずつちょんと付けていきます。手のひらに残った乳液はよくなじませて、指先を使って顔の中心から外側へと広げていきましょう。鼻やあごは特に皮脂の分泌が多めです。軽く手でおさえ、温めるようにして乳液を浸透させましょう。この時、絶対に強くこすってはいけません。やさしくお肌を包み込むようにぬりましょう。

まとめ

いかがでしたか?化粧水、美容液、乳液、クリーム…。正しい付け方をして、正しい保湿につなげてください。順番にもしっかりと意味がありますから、一番その化粧品が効果を発揮することができる順番を心がけてくださいね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください