肌が白くなるための美白化粧品って何を選べばいいの?

地黒の人の肌が白くなる方法
肌を本来の白さに戻す、白く保つための美白ケアには、日焼け対策と共に美白化粧品を使用することがポンイトになります。

スポンサーリンク

美白化粧品

ただ、本当に多くの美白ケア用の化粧品があり、どれが良いのか? 迷ってしまいますよね。
肌に合う合わないなど、人それぞれの肌質にも相性がありますので、お友達と同じものでも効果が無いケースや、逆に肌トラブルになったりすることも無いわけではありません。
その中でも、おすすめの美白化粧品をご紹介しましょう。

美白とは

「美白」というのは、肌を白く美しくすることを意味します。肌色が白いだけでは無く、美しい肌というのもポイントになります。
具体的には、シミやくすみなどの色素沈着が少なく(白い)、光の反射量が多い(キメがこまかい)、明るく美しい肌(美しい)です。
「美白」に熱心に取り組む女性の多くは「見た目が白くて、輝く様な透明感がある素肌」を目指して美白ケアを行います。
美白化粧品に含まれている美白成分(美白のための有効成分)は、メラニン色素が生成されるのを抑制してシミを予防し、色素沈着を予防・シミを改善する効果があります。
シミ対策だけでなく、保湿ケアによって肌のキメを整えて、光を反射しやすくすると、輝く肌の効果により白く見えるというメリットもあります。

地黒の人が肌を白くする方法!美白になる3つのことを教えます!
両親、祖父母、さらには親戚の多くが肌が黒いという、根っからの地黒の遺伝子をそのまま丸ごと引き受けてしまい生まれつき肌が黒いのが悩み、遺伝...
地黒の人の肌が白くなる美白成分って何?ちょっと調べてみた!
透き通るような白くて綺麗なお肌、女性であるならばおそらく誰もが憧れるのではないでしょうか?肌の色というのは人にもちろん個人差があり、これ...

トライアルセットを試す

肌にシミなどができにくいように日焼け対策などで色素沈着を予防しながら、美白化粧品を使うというのが、肌が白くするための王道の方法です。
ただし、化粧品には肌に合う合わないなど、人それぞれの肌質との相性が必ずあります。スキンケア化粧品の場合は、直接肌に触れるものですし、相性にも個人差が大きいものです。肌トラブルになってしまうこともありますし、トライアルが大切です。
試供品や初回限定のトライアルセットなどで、自分の肌との相性をキチンと確認してから、本格的に使うようにしましょう。
特に、美白効果の高い化粧品ほど、デリケートな敏感肌の場合は合わないケースもあるかもしれませんので、初めての化粧品を試す時は注意が必要です。
敏感肌やアレルギー体質と自覚のある人は、必ずパッチテストなどで試してから使ってください。

おすすめの美白化粧品

地黒の人の肌を白くする化粧品

  • ディセンシア 「サエル」
  • 富士フィルム 「アスタリフトホワイト」
  • ポーラ 「ホワイティシモ」
  • アンプルール 「ラグジュアリーホワイト」
  • 資生堂 「エリクシールホワイト」
  • ビーグレン 「Qusomeホワイト」
  • えそらフォレスト 「ムーンナイトミルク」
  • ドクターシーラボ 「アクアコラーゲンゲル美白」

美白化粧品の作用とは

美白化粧品には、シミを改善してくれる効果のある有効成分が含まれています。中でもハイドロキノンは有名な成分ですね。
他にもシミ対策効果のある成分はありますが、ハイドロキノンはかなりシミを改善するために有効とされています。
正しく使用していくと、シミの原因物質であるメラニンなどに働きかけて、シミを予防し、シミを薄くしていくなど改善効果が期待できるのです。
美白化粧品は、肌を保湿しながらシミ予防をしていくことで、自分でケアできる効果的な美白方法の1つです。
美白化粧品の効果とは、肌を直接白くするのではなく、シミなどの原因となるメラニンの生成を抑制することで、透明感のある白い肌へ導くというメカニズムです。
つまり、美白化粧品の作用とはメラニンの生成を抑えることが基本作用なのです。

メラニンとは

メラニンとは、本来は肌を守るためのバリア機能です。細胞の中の核が紫外線にあたってしまうと、DNAが破壊されてしまったり、変異したりして、皮膚癌を引き起こしたり、細胞が死んだりします。メラニンは、紫外線が真皮細胞にまで届かないようにブロックする役割を持っています。
つまり、メラニンは紫外線を浴びることで色素沈着を起こして、肌を守ろうとしているのです。もともとの役割としては、決してメラニンは悪では無いのですが、白い肌を目指すためには増やさないことが大切です。
美白対策には、メラニン生成を防ぐためのシミ対策が必須と言えるでしょう。
メラニンは、紫外線を浴びる以外にも、「不規則な生活」や「皮膚の老化などでターンオーバーが正しく行われない」などで、表皮に溜まってしまい、色素沈着してシミの原因となります。
規則正しい健康的な生活や、質の良い睡眠を十分にとることなども、シミを防ぐための大切な習慣です。
身体の「冷え」も、老化を促進してしまいますし、肌代謝を悪くしてターンオーバーが悪化してしまい、シミになりやすくなりますので、冷え対策も重要になりますね。

肌のターンオーバーとは

肌のターンオーバーというのは、皮膚の表皮が新陳代謝して生まれ変わっていくサイクルのことです。古くなった肌の表皮がはがれ落ち、内側から新しい皮膚がでてくるというサイクルで、一般的には28日周期とされています。
年齢を重ねると、肌老化に伴ってターンオーバーのサイクルが35日、40日と長くなっていく傾向があり、美白サイクルも落ちてきがちます。
加齢による老化現象だけでなく、ナイロンタオルを使ったときの摩擦、紫外線による刺激、下着などの物理的刺激、ホルモンバランスの乱れ、過度なストレスなどの内的要因によっても、肌のターンオーバーが乱れてメラニン色素が沈着しやすくなります。
できるだけ、肌代謝・ターンオーバーをスムーズに促進して、美白効果を高めるように努めることが必要です。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください