「大人ニキビ」と「思春期ニキビ」ってどのように対策したらいい?

大人ニキビの原因と治療
ニキビには、さまざまな原因があります。
大人ニキビというものと思春期ニキビを比べると大きく差がありますし、対処する方法も異なります。

スポンサーリンク

ニキビの原因

早く治したいなら、まずは自分のニキビの原因をよく把握して、適切な対策をとることが大切です。ニキビができてしまう原因と対処法について、考えていきましょう。

ニキビを治すために!3つのやってはいけないことを教えます!
ニキビができると、ついついやってしまうこと・・・ありますよね。 早く治したいのに、気になってしまって、ダメだと言われると余計に気になる...

ニキビの進行

ニキビは、最初は「白ニキビ」→「黒ニキビ」→「赤ニキビ」→「黄ニキビ」と段階的に進行し、悪化していきます。

白ニキビ

毛穴の汚れが原因で角質や皮脂が詰まっている状態で、ある日とつぜん白くプチッと膨らんでいるのを発見しますよね。

黒ニキビ

毛穴の中で過剰な皮脂や古い角質が詰まってしまうことによって、白ニキビがさらに酸化している状態です。

赤ニキビ

毛穴が塞がりアクネ菌が繁殖している状態で、アクネ菌繁殖により黒ニキビから赤ニキビへと変化していくと言われています。
炎症を起こしている状態なので、痛みを伴うこともあります。この段階までに治すことが大切なポイントです。

黄ニキビ

赤ニキビが進行して、ニキビの中に膿が溜まってしまい、最終的に黄ニキビになってしまうと言われています。
黄ニキビにまで進行していると、ニキビ跡が残りやすい状態となってしまいます。

ニキビと皮脂の関係

ニキビは、基本的には毛穴が角栓や汚れなどでふさがれてしまい、皮脂が溜まってできるものです。
皮脂は、全て悪いモノというわけでは無く、肌の表面を守るという大切な役割を持っています。
しかし、過剰に皮脂が分泌されてしまうと毛穴が詰まりやすくなってしまいますし、アクネ菌の温床ともなりやすいのです。
肌への乾燥や刺激、ストレスなどが原因でホルモンのバランスが崩れ、男性ホルモンがたくさん分泌されると、過剰に皮脂が分泌されやすくなります。
男性ホルモンというのは、毛穴を収縮させてしまい肌をバリアする機能を低下させてしまう作用もあり、角栓が詰まりやすくなってしまう肌質に導いてしまうのです。
そのためにニキビにもなりやすくなり、Tゾーンのテカリや脂っぽい肌になったりしがちなのですね。

思春期ニキビ

思春期にできるニキビというのは、成長期に伴ってホルモンバランスが大きく変化し、皮脂の分泌が活発になることによってできやすくなってしまうのです。
大人になって20才を過ぎるころにはホルモンバランスも整ってきて、皮脂分泌も安定するので自然と減ってくるケースが多いのです。
とはいえ、思春期の多感な時期にニキビだらけというのは、ちょっと悲しいですよね。
洗顔などで毛穴を清浄化し、角質や皮脂を詰まらせないように、酸化してアクネ菌が繁殖しないように、清潔な状態を保つことが一番です。

大人ニキビ

ニキビを治す方法とスキンケア
大人ニキビを治す方法は、いろいろあります。

日々のスキンケア方法を見直すなどして、正しいスキンケアでニキビを治す方法

皮脂を過剰に取り除いたりするあまり、保湿がおろそかとなっていて、肌が乾燥しているケースがあります。
肌が乾燥していると、防御本能から肌を保護しようとして、過剰に皮脂分泌され悪循環となりがちです。
皮脂をスッキリ清浄に保ちつつ、水分はたっぷりと保湿を心がけるスキンケアが重要です。

ニキビの発生の原因をつきとめて、それを改善することで治す方法

脂っぽい食生活や、喫煙習慣、睡眠部作など思い当ることはありませんか?
洗顔方法や身体の洗い方など、日常生活での原因をしっかり考えてみてください。
洗顔でのすすぎが不足や、洗顔後の保湿不足、背中ニキビではシャンプー剤の洗い流しが不十分なケースもありますよ。

皮膚科などニキビ治療の専門機関で、専門の治療を受ける方法

炎症になっていれば炎症を押さえてから治療する必要がありますし、ホルモン治療には医療機関の処方も必要です。
ニキビ跡を消したい場合はレーザー治療もあるでしょう。

いずれの方法でも、ニキビができる原因と、それに合わせた治し方が大切になります。
大人ニキビで、あご周辺のニキビが治りにくいようなケースでは、ホルモンのバランスが崩れてしまっていることも多いとされています。
日々の生活習慣やスキンケアによる保湿などの対策をとっても治らないような、しつこいニキビの場合はホルモン治療で改善することもあります。

日常生活でニキビ対策

毎日の食事も、ニキビ対策には大切です。
栄養バランスが悪いと皮脂分泌にも大きな影響がありますので、偏りのない食生活を心掛けなければいけません。
便秘もニキビには悪影響ですし、肌が荒れる原因にもなりますので、食生活から改善することは特に重要です。
腸内フローラや腸内細菌、腸活などによって、ニキビを防ぎ、美肌を身体の内側から整えていきましょう。
睡眠不足などによって、身体のリズムが乱れていると、肌トラブルのもとになってしまいがちです。
睡眠は時間だけでなく質も重要で、グッスリ眠れて目覚めがスッキリというのが、質の良い睡眠とされています。
自律神経のバランスは美肌にも大きく関係しています。
質の良い正しい睡眠をとって、ニキビができにくいように、身体全体を整え予防していくことが大切ですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください