肘や膝が黒ずむ原因は汚れではありません!本当の原因とは?

肘や膝の黒ずみをとる方法
美容というのはどこまでも貪欲になれる分野ですよね。最近ではいろいろな美容法も出回っており、日本は世界も注目する美容大国となっているようです。海外の旅行客の方も日本の美容が安全、効果的だと美容目的で来日することも少なくないそうです。

スポンサーリンク

肘や膝の黒ずみ

そんな美容大国日本でも、美意識は非常に高く、身体の至るところまでケアする方も増えてきました。頭皮、毛穴、ネイルのケアや、歯の美白、肌の美白、脱毛処理、ケアすべき部分というのは様々ですね。冬は露出が少なく少し安心している人もいるかとは思いますが夏が近づくにつれて、やはりケアは欠かせませんよね。
手足などの露出度も上がってくる時期、女性であるならばいつだってキレイな見た目でいたいものですよね。
夏に向けて春頃から脱毛などを始める方も多く、脱毛サロンなども夏前には大々的なキャンペーンを行ったりしている様子がみられます。もちろん、ムダ毛のないお肌はツルツルしていてきれいですが、ムダ毛の処理だけでは完璧なケアをしたことにはなりませんよね。
美容に意識を置く女性たちの中で意外にも忘れられているのが肘や膝の黒ずみです。どうしても脇毛の処理や毛穴、ネイルにと熱を入れがちではありますが、意外にも肘や膝の黒ずみは目立つもの、しっかりとケアしておく必要があります。
脱毛をきちんとされてきれいになった手足でも、肘や膝の黒ずみがあると、それだけで印象がガタ落ち、イメージダウンにもつながりかねません。今回はこの肘や膝の黒ずみについてレクチャーします!

肘や膝の黒ずみ、主な原因は?

肘や膝は関節のためどんな美人でもシワが寄っていますね。このシワは確かに汚れがたまりやすいポイントです。しかしこの汚れがたまることで黒ずんでしまうと考える方がいらっしゃるのですが、これは大きな間違いです。そしてその考えに従って汚れを落とすべく、入浴時に必死にゴシゴシとこすって洗ってしまっていたり…この行動は実はまるで逆効果だということ、ご存知でしょうか?万が一、黒ずみ=汚れだと仮定するならば、通常通りお風呂に入って体を洗うことで落ちているはずですよね。
では一体原因は何なのか、実は普段の生活で生じる「摩擦」がこの肘、膝のくすみ、色素沈着を起こし黒ずみの原因となっているのです。肘と膝は関節部分なので服との接触は避けられませんね。これらを繰り返すうちにどんどんこすられて行ってしまっています。こうして蓄積してしまった結果、黒ずみにつながります。なので先ほどお伝えした汚れを落とす行為はさらなる摩擦を生み出し、逆効果につながるというわけなのです。

摩擦による黒ずみ、一体どうすればいいの…

肘や膝が黒ずむ原因
原因がわかったところで本題、どのようにしてこの黒ずみを解消するかですね。
肘や膝が黒ずんでしまっている人に多く見られるのが、頬杖をつく行為です。思い当たるという方はまず頬杖をつく行為を意識的になくしていきましょう。これだけで少し改善の兆しが見られると思います。
そして主な対処方法としては黒ずみをもたらしている角質をやさしく取りのぞくことです。角質除去は入浴時が一番落としやすくオススメです。

  1. まずは湯船にゆっくりと浸かり、皮膚をやわらげます。こうすることで角質は落ちやすくなるのです。
  2. そしてめがねクロスのような汚れを取ることができる繊維布を使って石けんやボディーソープをモコモコ泡立てましょう。これで角質をやさしくなでるようにそぎ落としてください。
  3. 一通り落とし終わったらしっかりと洗い流し、入浴後はいつもより保湿を心がけることも重要です!乾燥して痛めてしまっては元も子もありません。たっぷりと保湿クリームを塗った後に上からラップを巻いて潤いを浸透させましょう。約10分ほどの保湿がベストです。

これらの角質落とし法は、週に一回程度がセオリーです。毎日やりたくなるような気持ちもわかりますが、新しい角質まで落としてしまい兼ねません。逆に肌トラブルの原因となってしまいますので注意が必要です。何事もほどほどにやるのがベストなんです。
また、普段からこの肘と膝には保湿クリームを使って乾燥を防いであげることも重要です。滑りを良くしてあげることで摩擦を最小限に抑えることもできるのです。積み重ねは大きな効果につながります。面倒でもコツコツと自分の肌のためにやってあげましょう。

まとめ

肘、膝を見てハッとした方、意外にも多かったのではないでしょうか。目の行き届かないところは落とし穴です。そこにも配慮をやることで、さらに完璧の美に近づくことができます。
脱毛だけに気を取られていた方も、今日から肘、膝ともに気にしてあげてくださいね!長年の黒ずみとはおさらばして是非とも綺麗な肘、膝を手に入れてください!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください